2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

カテゴリ:パーティジョイ の記事リスト(エントリー順)

パーティジョイをちょっとだけ

 【04//2014】

私のボードゲーム歴は結構古く、1980年代のパーティジョイに始まります。
パーティジョイとは、バンダイから発売されていた1000円のボードゲームシリーズです。
130個以上のシリーズがあり、今遊んでみても驚くようなシステムのゲームがあったりします。
まあ、ほとんどは双六のようなゲームですが・・・

今でこそドイツゲームを中心としたユーロゲームを集めていますが、15年ほど前はパーティジョイばかりをコレクションしていました。
なのでちょっとだけ紹介したいと思います。

img007.jpg
↑北斗の拳

img008.jpg
↑箱の裏。原先生が描いたんですかね・・・


img002.jpg
↑怪獣のコマが沢山入ったカードゲーム。今でも十分楽しめると思います。

kyurunam-img600x450-1391332411w0af0688643.jpg
↑ファミコンゲームのボードゲームも沢山出ていました。

450x600-2012021000007.jpg
↑これはちょっと亜種で、別シリーズ。
カセットテープが入っており、あるコマに入るとカセットテープを再生する段取りです。
何度もやるとテープの内容を覚えてしまって、イベントが起こる駒に全員が近付いていくという現象が起こります。
懐かしい。
このシリーズは全部で4つだけ出ていて、全部所有しています。
カセットテープが聞けるかどうかは分かりませんが・・・


今のところ60個ほど所有していますがコンプリート達成まではまだ半分にもいっていません。
No.が一桁のパーティジョイはプレミアがついているものが多く、私は数個しか所有していませんし。
勝ってもプレイすることは恐らくないと思うので、購入すれば確実に積みゲーです。


以上、どうでもいい話ですいませんでした。



↓↓↓ 過去の紹介 ↓↓↓
ミケ猫トマトの配達屋さん(No.27)
北斗の拳(No.28)
モンスター学園(No.37)
転校生アクマ君(No.45)
ウルトラマン(No.70)
スポンサーサイト

Category: パーティジョイ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

北斗の拳 パーティジョイNo.28

 【27//2013】

img007.jpg
北斗の拳ゲーム (1980年代 バンダイ)

パーティジョイシリーズの第28弾。
以前も述べましたが、パーティジョイは大きく2に分けられます。
・オリジナルもの
・キャラクターもの
の2パターンなんですが、「北斗の拳」は当然キャラクターものです。

img008.jpg
↑箱の裏。

基本的なシステムはすごろく。
ですが、戦闘システムが少しだけ特殊です。

各プレイヤーが北斗神拳カードを持ちます。
img004.jpg
↑北斗神拳カード

このカードには穴が開いています。

そして敵のカードはこちら
img005.jpg
↑キングカードとジードカード。キャラクターと秘孔が書かれています。



敵カードと北斗神拳カードを重ねて戦闘判定。

img006.jpg
↑赤い丸が見えればダメージを与えたことになります。


基本的には、こんな風に戦闘を繰り返していってキングを倒せば勝利です。


正直、遊んだ記憶は残っていません。
北斗神拳カードはかすかに覚えていましたが・・・
戦闘判定は、今になってみれば新鮮な感じがしますね。

Category: パーティジョイ

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

転校生アクマ君ゲーム

 【06//2013】

img003.jpg

転校生アクマ君ゲーム (1985年 No.45)

自分の子供に「アクマ」と名付けようとした両親の悲哀を描くゲームでは決してありません。
先に紹介した「モンスター学園」の続編的な位置づけのゲームです。

基本のゲームシステムはスゴロクですが、このゲームの一番の肝は「ゲームブックのマンガを見ながらゲームを進める、ニュータイプの爆笑ゲーム」です。
分かりやすく言うと、ボードのあるマスに止まった時に付属の漫画を見てゲームを進行するのです。
似たようなゲームの例を上げると「丘の上の裏切り者の館」が少し近いかも・・・
20130906_215247.jpg

当時はかなり画期的に感じました。

Category: パーティジョイ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ウルトラマン No.71

 【06//2013】

img002.jpg


ウルトラマン (1987年 No.71)

パーティジョイは大きく分類すると2種類あって、「オリジナル」と「キャラクターもの」に分けられます。
このゲームは後者。
キャラクター物は大ざっぱで「ほとんどすごろく」というものが多いんですが、これは違う。

まずこのゲームはカードゲームです。
怪獣が出現して、各プレイヤーが持つ技で怪獣を倒すという内容。
カードには他のプレイヤーの邪魔をするものもあり、結構白熱したのを覚えています。
「邪魔すんなよー!!」
「ここでゼットンかよ!!」
とか怒号が飛び交っていたのが良い思い出です。

何よりもこのゲームの目玉は、勝利点マーカーである怪獣の駒。
30体ほどの怪獣人形駒が入っており、これだけで1000円くらいするんじゃないかと思ってしまいます。
20130905_205239.jpg
ダダ星人、ケムラー、バルタン星人、ゼットンなど歴代の怪獣が!!

ゲームの勝敗よりも「俺はゼットンを倒したいんや!!」などと盛り上がること必至です。

Category: パーティジョイ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

モンスター学園 No.37

 【05//2013】

img001.jpg


モンスター学園 (1985年 No.37)
パーティジョイの中で一番遊んだゲーム。
基本的にパーティジョイはすごろく系のゲームが多いんですが、これもそうです。
ルーレットのようなものが入っていてそれをはじく感じでゲームが進みます。

コンポーネントが非常に変わっていて、ボードはなく箱をくみ上げそれを配置します。
20130905_205538.jpg
↑箱をくみ上げる前

20130905_205738.jpg
↑箱を作って配置(細かいんですが、箱の横にもマスがあります)

ある条件を満たすと箱が裏返り、違うコースが出てきてひと盛り上がり。
内容は完全に忘れてしまいましたが、このコンポーネントは鮮明に覚えていました。

今から思えば、完全にギミックありきゲームですね。

Category: パーティジョイ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る