2013 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2014 01

今年発売で今年遊んだゲーム一覧 プラス今年のゲームのワースト

 【29//2013】


今年発売で今年プレイしたゲームの一覧。
やっぱりちょっと重めのゲームに偏ってますね。

・アウグストゥス
・アッピア街道
・アトランティスの終焉
・アメリゴ
・アンドールの伝説
・ウーゴ!
・ウェルカム!
・ウォーターディープの支配者たち スカルポートの悪党たち
・王宮のささやき(リメイク)

・ガラパゴス
・コロレット(10周年記念版)
・コンコルディア
・ごきぶりキッチン

・シェフィ
・シトラス
・地獄の釜
・スシゴー
・セイルトゥインディア

・炭鉱讃歌
・ダイスデビル

・パルミラ
・フランシスドレイク
・ブルッヘ
・プロスペリティ
・ボラボラ
・ポルターファス

・マデイラ
・マスカレイド
・ムガル(リメイク)

・ユーフォリア

・ラボカ
・ロココの仕立て屋
・ロシア鉄道
・ロストレガシー


以上32個。




そして禁断のワースト3(あくまでも今年のゲームの中から)

ワースト3位
・マスカレイド
理由:フェドゥッティが結構好きなので、期待が大きすぎたかもしれません。

ワースト2位
・ガラパゴス
理由:面白くないわけではないんですが、楽しみ方が分からないというか・・・微妙な感じです。

ワースト1位!!
・ダイスデビル
理由:本当に単純な運ゲームだから。ダイス運だけなので。

スポンサーサイト

Category: おすすめ

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2013年発売ゲーム総括

 【26//2013】

年末という事で、2013年に発売されたゲームでプレイ済みのゲームを勝手にランキングしてみました。

今年発表で今年プレイしたゲームは、全部で32個ありました。(意外と多くない)
調べてみたら去年発表とかが多くて・・・


その中からのベスト5


第5位
pic1795272.jpg
ロココの仕立て屋

まだ一回しかプレイしてませんが、バランスが取れていて面白いゲームだなと。
「すごく重い」と聞いていて意外と軽かったのも高評価に繋がったかも。
またプレイしてみたいです。


第4位
pic1545739_md.jpg
地獄の釜

コンポーネント最高!
軽い運ゲームなんですが、考えどころもあり楽しめます。
麻雀が好きなので、何かをめくることが好きなのかも。


第3位
pic1616979_md.jpg
フランシス・ドレイク

所有はしていないんですが何回かプレイさせていただきました。
ちょっとルールが多いような気がしますが、無駄なルールが無く意外とさっぱりしている印象。
イイゲームです。


第2位
pic1772489_md.jpg
ロシア鉄道

既に5回以上プレイしています。(インストも5回以上)
「キエフ最強説」を聞いていたので、「戦略が一本しかないゲームじゃないはず」と意地になってシベリア鉄道強化型で勝利したばかり。
シベリア鉄道勝ちしたので結構満足してしまった面もあります。
でもいいゲーム。


第1位
pic1799662_md.jpg
コンコルディア


かなり好きです。
1週間で3回以上プレイしたのは、プエルトリコ以来。
プレイ済みの人と、初プレイの人とで差は出てしまいますが、それでもかなりいいゲームだと思う。
全員がプレイ済みの面子でプレイしてみたいです。

あとルールが簡単なのも好評化の一因。


以上、超個人的な今年のベスト5でした。
因みに次点は「ポルターファス」です。

Category: おすすめ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

オフェンシブ便、開封の儀

 【25//2013】


17日に発注した、ドイツのゲームショップ「シュピール・オフェンシブ」の荷物が今日届きました。
全部で16個、合計金額58000円は今まで注文した額・個数共に最大級。

「どんな大きな箱で来るのかな」と楽しみにしていましたが、意外と普通の大きさでした

DSCF0106.jpg
大きさは普通ですが、重い。

DSCF0108.jpg
↑開けるとこんな感じ。


DSCF0109.jpg
↑箱の底に、テラミスティカの拡張タイルが可哀そうな感じで発掘されました。


DSCF0110.jpg
↑中身のボードゲーム。

同じボードゲームがいくつか見えるのは、皆さんが年末で疲れているからです。
気のせいです。


もうちょっと頼めばよかったかなと思う私は病気でしょうか?

Category: 未分類

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

金沢のクローズ会に参加(12月23日)

 【24//2013】

金沢市芸術村で行われたクローズゲーム会に参加してきました。
http://www.artvillage.gr.jp/

DSCF0103.jpg
夜はこんな感じ。


トータルの参加者は9人でしたが、途中で出入りがあり絶えず4人・4人の状態をキープできました。




pic1762708_md.jpg
マデイラ  (2013年 BGG評価 7.80 2-4人 120分) 

巷では「ルールが多い」「重い」「難しい」「発売が1年以上伸びてる」等、ネガティブなうわさが飛び交う「マデイラ」をプレイ。
今回で2回目。

前回プレイした時は、ゲーム会の終盤にやったこともありルールが全く頭に入らず、またルールも非常に多かったのでゲームをほとんど把握できませんでした。(私だけではなく、その時プレイした面子全員がそうでした)
今日は、前回一緒にプレイした3人と初プレイ1人の4人でプレイ。

私は隣の卓の「コンコルディア」のインストに駆り出され、マデイラのインストは参加しませんでしたが、相変わらず大変そうでした。(前回はインストに1時間以上かかりました)

DSCF0088.jpg
↑今回の様子。針葉樹林のようにミープルが立ってます。

2回目という事もあり、かなりゲームを把握することができました。が、ルールが多すぎて勘違いミスを連発。
勝利には程遠い結果に。
トッププレイヤーは、王の要望にほぼ完ぺきに答え、ぶっちぎりの勝利。5ラウンド中の3ラウンド目ですでに勝敗は決していたように思います。

ゲーム自体は面白いので、もう少しシンプルにできなかったのかな・・・とは思います。




DSCF0091.jpg
ロココの仕立て屋  (2013年 BGG評価 7.67 2-5人 90分) 

”小クラマー”の異名で知られる、マティス・クラマーの新作。
この人は「ランカスター」「グレンモア」「ヘルべチア」等も有名です。

ゲームの詳細は割愛しますが、非常によくできたゲームだと感じました。
インストの時点で、「少しごちゃごちゃしてるかな・・・」とちょっとだけ思いましたが、はじめてみると見通しもよくスッキリとした印象。
最初から最後までしっかりと楽しむことができました。

少し前に、5人でプレイした知人から「3時間近くかかって重かった」という感想を聞いていたんですが、そんなことはなく非常に軽い印象でした。4人でプレイしたからでしょうか。
近々、再プレイ希望。



pic1772489_md.jpg
ロシア鉄道  (2013年 BGG評価 8.11 2-4人 120分)

ここ最近、ゲーム会があれば必ずプレイしている「ロシア鉄道」。

未プレイの方が8人中4人もいたので、思い切って同時に2卓立てることになりました。
同じゲームが同時に立つのは、大阪のゲーム会で「トラヤヌス」が同時に3卓立っていたのを見て以来です

DSCF0095.jpg
↑ちょっと見にくいですが、同時に「ロシア鉄道」をプレイ中です。

4回くらいやってますが、まだ1勝もしていません。


DSCF0098.jpg
↑今日も懲りずにシベリア鉄道強化型で。
他には目もくれず、ひたすらシベリア鉄道を伸ばし続けます。

DSCF0099.jpg
↑中盤。キエフ鉄道は完全に無視。ボーナスタイルを獲得するために仕方なくサンクト鉄道を伸ばしましたが、基本的にはシベリア鉄道命です。
他のプレイヤーは、2人が「キエフ鉄道と工業化」型、一人がオールマイティーな感じで。

DSCF0100.jpg
↑最終形態。
やりました!!!シベリア鉄道型で勝利!!!!
白鉄道で100点稼ぎ、最後の決算では120点もいただきました。
最終得点は378点でした。

ようやく・・・・ようやく一勝できました。長かった・・・


基本的に隙間産業ゲームなので、他のプレイヤーとやることが被らなかったのが勝因でしょう。
シベリア鉄道、万歳!!!



DSCF0090.jpg
↑他のテーブルでは「ウーゴ!」がプレイされてました。

DSCF0094.jpg
↑「アメリカンレイルズ」赤い線路が縦にまっすぐ伸びてます。
噂では、面白いが非常に地味だそうで。


この日はこれにて終了。
ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました。

Category: ゲーム会

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

テストプレイというものに参加させていただきました

 【24//2013】


今日のゲーム会終了後、金沢のモスにて創作ゲームのテストプレイを行いました。

作者本人と今日のゲーム会に参加していた4人が参加。


18時半にお店に入り、19時ころから開始。
結果から言うと延々と22時半頃までやってました。(気付いたらそんな時間になってました)


ゲームの内容とか途中経過は割愛しますが、いや~・・・・本当に勉強になりました。
普段、何も考えずに完成されたゲームで遊ばせてもらってますが、今日の体験は「ボードゲームで遊ぶ」行為自体を見直すことになりそうです。
「バランスが取れていて当たり前」
「コンポーネントがちゃんとしていて当たり前」

だと思っていましたが、これらを成すために影の努力がどれほどあるのかを少しだけ垣間見ることができました。

ゲームを世に出しているすべてのデザイナーさんに感謝です。



最後に、長居してしまった金沢のモスに謝りたい。
長居した上に騒いでしまって本当に申し訳ありませんでした。

Category: 未分類

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

県西部ボードゲーム会(12月22日)

 【22//2013】

今日は富山県小杉町ラポールで行われた「県西部ボードゲーム会」に参加しました。

子供3人を含む15人ほどの参加があったようです。

DSCF0081.jpg
↑雑然と積まれていますが、持ち込まれたゲームの一部




最初は7人だったので、3人と4人に分かれてゲーム開始。
私の希望で4人コンコルディアをプレイ
DSCF0071.jpg
コンコルディア  (2013年 BGG評価7.78 2-5人 100分)

最近のマイブームで、先週から既に3回プレイしています。
今日は2人が初プレイ。

前回のインストでカードを増やす重要性にあまり触れず、やったことがある人とない人に大差がついてしまったので、軽くカードは重要だという事を伝えました。

なので、序盤は皆がカードを増やしまくり。

DSCF0072.jpg
↑中盤。私は青。船で独自の属州を開拓し、長官で収入を得て煉瓦と食料中心にコマを置いていきます。
食料と煉瓦のスペシャリストも獲得し、何とかなるかと思いましたが今一歩及ばず2位でした。

最後の最後、終了条件を満たす一歩手前まで言ったんですが、建物を建てきれず・・・
すんなり建ててれば勝てたんですけどね。


初めてプレイした一人から感想を聞いたんですが、「やることは簡単だけど、どうすればいいのかが分からない」とのこと。
インストが悪かったかなと思いつつ、私も初めてプレイした時は何が何だかよくわからなかったので、こんなものなのかと。




pic336554.jpg
魚河岸物語  (2007年 BGG評価 6.32 3-5人 30分) 

隣のテーブルでは3人で「魚河岸物語」をプレイしていました。
実はやったことがないんですが、何やらアクションゲームのようでベルを吹っ飛ばすほど盛り上がっていました。
大の大人が楽しそうにはしゃいでいる姿はほほえましかったです。




DSCF0073.jpg
続いて、前回やってみて意外と面白かった 「ポルターファス」 を4人でプレイ。

前回でインストミスがありました。
・親が振りなおす時、立っている茶色の樽も振りなおせる
・親がバーストした時、客は自分が注文した数をそのままもらえる。
・客がバーストした時、一番多く注文してしまった人はそのままマイナス。一番少なく注文していた人は一番多く注文していた人の数をプラスする。

の3点を間違えていました。
今回ちゃんとしたルールでやって、尚面白くなりました。
他の人の評判も軒並み良かったです。




pic770317_md.jpg
ロンドン  (2010年 BGG評価 7.47 2-4人 90分)  

続いて3人でワレスのロンドンをプレイ。
全員プレイしたことがあったんですが久しぶり過ぎて細かいルールをすっかり忘れていました。
何点か確認しつつプレイ開始。

DSCF0076.jpg
このゲーム、ボードはありますがはっきり言ってカードゲームです。
大火が起きた頃のロンドンを舞台に色々な建物を建てて得点を稼ぎ、貧民ポイントをなるべく減らしていきます。

pic836724_md.jpg
↑カードはこんな感じ。日本語化は必須です。

公称90分とありますが、慣れれば1時間くらいで終わるんじゃないでしょうか。
今日も楽しくプレイできました。




今日は、どうしてもやりたいゲームが2つあったんです。
「コンコルディア」と「ロシア鉄道」です。
DSCF0082.jpg
ロシア鉄道  (2013年 BGG評価 8.11 2-4人 120分) 

4人で何をやろうかと考えていると2人がこれをやったことがないという事で、4人プレイ。
インストが3回目な上に、ゲーム自体が典型的なワーカープレスメントなのですんなりと行きました。

DSCF0083.jpg
↑今回で3回目のプレイですが、毎回シベリア鉄道強化型。どうしてもこれで勝ってみたいんです。

世間的には「キエフ鉄道最強説」や「工業化最強説」が飛び交っていますが、定石や勝ち筋が決まっているゲームは好みではないので、どうしてもシベリア鉄道型で勝ってみたいのです。

結果は・・・・・・惜しくも2着・・・・・・
キエフ鉄道強化型に負けました。

私は決めました。勝つまでシベリア鉄道型で行きます。




他に行われていたゲームは以下の通り↓↓↓↓↓↓

DSCF0074.jpg
↑「チグリス・ユーフラテス カードゲーム」
私は参加していませんが、ルールを見ながら喧々諤々でした。

DSCF0086.jpg
↑R・ドーンの「ベガス」。5人プレイだとお邪魔ダイスがないので少し物足りない気がします。

DSCF0087.jpg
↑「ゲシェンク」のフランス語版「ノーメルシー」。

DSCF0080.jpg
↑「ラツィア」。S・ドーラの1992年の作品。懐かしいです。
昔は遊ぶゲームが少なかったのでこれをよく回していました。なぜか新品を2個持っています。

DSCF0078.jpg
↑デロンシュの「ビッグシティ」。ヤフオクでかなりの高値がついています。

DSCF0077.jpg
↑S・フェルドの「それってアリ?!」。子供でもしっかり遊べます。

DSCF0079.jpg
↑大人数で「台湾スナックバー」。バースト系のカードゲーム。

DSCF0084.jpg
↑「魔法のラビリンス」。磁石のギミックを使った子供向けのゲーム。楽しそうでした。


朝から晩まで沢山の人数でにぎわっていました。
ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました。

Category: ゲーム会

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

部屋のボードゲーム在庫事情 その後2

 【22//2013】


前回、棚を購入してボードゲームを収納してみたが3分の一も入らなかったので、同じ棚をもう一つ購入してみた。

DSCF0070.jpg

いや~・・・天井に付きそうな勢いです。
大分片付きました。
残りは実家に持って行くことにしよう。
そうしよう。


過去の状況はこちら

部屋のボードゲーム在庫事情
部屋のボードゲーム在庫事情 その後

Category: 未分類

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

シュピール・オフェンシブ

 【18//2013】

so_logo.jpg

ドイツのメルゼブルクにあるボードゲームショップ。
https://www.spiele-offensive.de/


最近は発注回数が減りましたが、以前は頻繁に利用していました。
「本当に大丈夫か?」と思うくらいの値段でたたき売りしているときがあります。

また送料が41ユーロ固定なので、他の海外ボードゲームショップに比べて送料を抑えることができます。
注文個数を多くすることが前提ですが・・・


1010557.jpg
オリンポス 14.99€ (2100円くらい)


kleopatra.jpg
クレオパトラの建築士  14.99€ (2100円くらい)


1009875.jpg
プリンチパート  9.99€ (1400円くらい)


emira.jpg
エミーラ  4.99€  (700円くらい!!!)


トップページから下記をクリックして品定め。
Gesamtsortiment・・・ゲーム一覧
Sonderangebote・・・・特売品
Neuheiten・・・・・・新作


発注から到着までが比較的早く、5日間で届いたこともあります。

あと、アフターサービスで買ったボードゲームのインスト動画を紹介してくれるんですが、綺麗にオールドイツ語です。
「ドイツ語分かりませんから!!」といつもメールに突っ込んでます。


そんな優しいボードゲームショップを一度覗いて見られては。

Category: おすすめ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

「ウォーターディープの支配者たち」の特殊コマ

 【17//2013】

ボードゲームのコマを自作でいろいろ作っている海外のホームページ。


以前は、アグリコラやストーンエイジなんかの駒を紹介しました。
さっき見たら「ウォーターディープの支配者たち」のコマを作っている様子。

DSC_0047.jpg

まだ試作段階のようですが・・・・


欲しい!!!!


でも、コマ数を考えると・・・・
多分1万円を超えるだろうな・・・
誰か買ってくれないかな

Category: 未分類

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

大門ボードゲーム会に参加してきました(12月15日)

 【17//2013】

大門総合会館で行われた「大門ボードゲーム会」に朝から参加しました。

DSCF0054.jpg
手始めに5人で「王宮のささやき」をプレイ。
リメイクだそうですが、元ゲームも知りませんでした。

初めから時間調整にと始めたので、人が増え途中終了。
途中までの評価ですが、可もなく不可もなくといったところでした。




1012693.jpg
イスデビル (2013年 BGG評価 4.96 3-6人 30分)

6人になったのでリクエストのあったダイスデビルをプレイ。

メビウス便で来たゲームで、完全に積みゲーになってました。

DSCF0056.jpg
担当デビルを決めカップとダイスを受け取り、カップの中にダイスを入れ一斉に振ります。
各々ダイス目を確認して、真ん中にあるタイルに順番に所有権を主張していきます。
バッティングすると、ダイス目勝負が発生。
それぞれのデビルに特殊能力があり、人のタイルを奪ったり、交換したり。
誰かがタイルを10枚取ったら終了フラグが立ち、点数の一番高い人が勝利します。

インストの時点で薄々は感じていましたが、単純に6の目が強いゲームです
駆け引きをしようとしてもダイス目が弱いと何もできません。
「こんなはずはない」とルールを何度も確認しましたが、間違いは見当たりません。
私たちのプレイスタイルが悪かったのか、担当デビルの移動もほとんどなく、そしてとくに盛り上がるわけでもなく誰かがタイルを10枚獲得して終了。

ダイスカップや金のダイスなど、コンポーネントは素晴らしいのですが、どこを楽しめば良いのか分かりませんでした。
なんか残念な感じです。(BGG評価の4.96は納得)




DSCF0057.jpg
次は、参加者の一人から希望があったメディチをプレイ・・・・と言いたいところですが、インストの途中で一人増え、結局中止に。
久しぶりにやりたかったのですが、また次の機会という事で。
因みに上の写真は、視認性が悪くて評判のフランス語版です。
私は雰囲気があって好きです。



DSCF0058.jpg
サンクトペテルブルグ  (2004年 BGG評価 7.35 2-4人 45分

このゲーム会に初めて来られた方がいたので、できるだけ無難なゲームをしようという事で「サンクトペテルブルグ」をプレイ。
典型的な拡大再生産系のゲームなので、見た目に自分の前が派手になっていくので単純に楽しいかと。

ゲーム内容は結構なゲーマーズゲームなんですが、楽しんでいただけたようです。


今回、拡張を入れたんですがカード枚数が増えるという事はゲーム自体が長くなるという事で、全体が冗長な感じになっていました。
確かに18貴族は強いんですが、オリジナルのままでも十分によいゲームだと思います。



pic1789227_md.jpg
ポルターファス  (2013年 BGG評価6.32 3-6人 30分

こちらもメビウス便。
子供の参加者が来たので、みんなでワイワイできるだろうとこのゲームを取り出しました。
正直、ちょっと前にやった「ダイスデビル」がかなりイマイチだったので全然期待していなかったのですが、
今日のベストヒットゲームでした。

手番プレイヤーが特殊な樽をダイスカップに全部入れ全部振り、公開します。
立っている樽だけを取り出し、他のプレイヤーの注文タイム。
一人一人が裏にして注文数を決めます。(0~13まで)
全員の注文数の合計が店主が用意した以上になると、用意した樽の合計値が店主の点数になってしまうので、あまり多くの注文もできません。

注文が終わると、店主のチャレンジタイム開始。
倒れている樽を振りなおすことができます。
ただし振りなおした樽が一つも立っていないと失敗となり店主は一点も貰えません。(他のプレイヤーは注文した数が得点)

店主が樽の振り直しをやめると配給タイム。
店主が用意した以上に注文があった場合、お客プレイヤーで一番注文していたプレイヤーがその分マイナス。他のお客プレイヤーは0点です。
そして店主は余った樽分の得点をもらいます。

これを繰り返し一番最初に75点をとったプレイヤーが勝利します。


DSCF0060.jpg


いや~よくできたゲームです。
12歳の少年を交え、ワイワイ楽しめました。
若干計算が必要ですが、そんなことが気にならないくらいハラハラドキドキが楽しめます。

12歳の少年がブッチギリで勝利。




DSCF0063.jpg
前日に一度プレイしているんですが、どうしてももう一度やりたくて「コンコルディア」を4人でプレイ。

2人が初プレイ。
2度目なのでインストも楽チンです。

DSCF0064.jpg
序盤の様子。私は『煉瓦』と『食料』を伸ばす方針で。
『煉瓦』と『食料』の専門家カードを早々に獲得します。

DSCF0065.jpg
↑黄色プレイヤーに好きなようにやられてます。
私は駒を配置しつつ、カードをできるだけ獲得していきます。

DSCF0066.jpg
↑最終的な盤面。

他のプレイヤーがまだまだやりたいことがありそうだったので、超ハイスピードでカードを獲得しまくり速攻で終了フラグをたてます。

結果的には、
「盤面に配置している駒の数」
「コマを配置している属州の数」
をメインに大量得点し、勝利しました。


このゲーム、本当に面白いです。

去年のエッセン新作は豊作と言われていましたが、今年も十分豊作です
「ロシア鉄道」「コンコルディア」「炭鉱讃歌」「ロココ」等々、結構なタイトルが沢山。
本当に幸せ者です。



DSCF0069.jpg
この後、「アトランティスの終焉」を5人でやって、この日はお開き。


ご一緒させていただいた皆様、本当にありがとうございました。

Category: ゲーム会

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

北陸本線沿線ゲーム会(12月14日)

 【15//2013】

今日は久しぶりに北陸本線沿線クローズゲーム会に参加しました。

一人到着が遅れるとのことなので、手始めに3人で「ウーゴ!」をプレイ。




DSCF0036.jpg
ウーゴ!  (2013年 BGG評価 6.78 2-4人 30分)

BGGで調べると4人がベストとありましたが、一度プレイしてみたかったので・・・

カード構成は、5色×9枚の45枚で10枚ずつ配ります。
基本トリックテイクでマストフォローですが、最終的には数字の大きい人がトリックを獲得します。
獲得したカードは置き場があってそれぞれを重ねておきます。
最終的には一番上のカードが得点ですが、必ずしも得点になるかというとそうではありません。
細かいルールは割愛しますが、なかなか面白かったです。

ガチガチなトリックテイクという感じではなく、ちょっと別なゲームのように感じました。
ベストが4人とありますが、3人だと使わないカードが多く運の要素が強くなります。
近々、4人くらいで4ディールしっかりとやってみたいものです。




4人になったので、前からプレイしてみたかったコンコルディアを。
DSCF0038.jpg
コンコルディア (2013年 BGG評価 7.79 2-5人 100分)

デザイナーは、「ナビゲーター」「アッティカ」で有名なマック・ゲルツ。
パブリッシャー「マチュピチュの王子」「ナビゲーター」「アッティカ」などで知られるPD-Verlag。

ゲームのメカニクスは、「陣取り」「ちょっとデッキ構築」「ちょっと拡大再生産」でしょうか。
今回は少し狭い4人までのマップを使用。

DSCF0039.jpg
↑序盤。私は青で、倉庫から入植者駒を置き切っていく作戦。

DSCF0041.jpg
↑終盤。一応全部の属州にコマを置くことに成功し、「駒の置いてある属州」×1点と「盤面に置かれている入植者コマ」×2点のボーナスを軸において点数を稼ぎます。

DSCF0042.jpg
↑最終的な盤面。最終的には軸にしていたボーナスカードを増やし切れずに2位にとどまりました。


このゲーム、面白い!
所々に「なるほど~」と頷いてしまうメカニクスがちりばめられています。
私の大好きな「果てしなき世界」に似たカードシステムもあり、面白要素が満載な感じ。
ちょっと時間がかかるのが難点ですかね。
1時間半くらいで終わるという話も聞いていましたが、今回は2時間半ほどかかってしまいました。
4人中3人が初プレイだったので仕方がないといえば仕方がないのかな。

8000円という値段に躊躇してしまい購入していませんでしたが、今度出回った時は迷わず購入したいと思います。




DSCF0044.jpg
ハイパーロボット  (1999年 BGG評価7.00 1-15人 30分)

参加者の一人から希望があり、久しぶりにプレイ。
A・ランドルフの作品。

上の画像は一番手数の多かった盤面。
確か23だったような・・・
誰か最少手を教えてください。

私はこのゲームが得意なようで、早々に5枚のチップと獲得して勝利。




DSCF0045.jpg
シトラス  (2013年 BGG評価 6.79 2-5人 50分)

デザイナーは「もっとホイップを」「際は投げられた」「ニューアムステルダム」のJeffrey D. Allers 。
パブリッシャーは「シベリア」のdlpgames。

箱に「50分」と書いてあったので軽めのゲームなのかと思ったのでプレイしたんですが・・・

ゲームのメカニクスは、「陣取り」と「マジョリティ」。
タイルを購入し「フィンカ」(スペイン語で「大農場」)に接続するように配置し、フィンカの周りが埋まったら得点計算。
これを繰り返し、タイルがすべて配置されたらゲーム終了です。

DSCF0047.jpg
↑序盤。変なフィルターをかけてしまったので上下がぼやけていますが、こんな感じのゲーム。
五色のタイルを良い塩梅で配置していきます。

DSCF0049.jpg
↑終盤。見た目の点数が大きく離されてしまい諦めムード。

終わってみると、最終得点計算で一位に僅差の2位に。
意外と点数が伸びました。


公称50分とありますが、実際は1時間半くらいかかりましたかね・・・
全員が初プレイだったこともあり少々時間がかかりました。
あと、結構ガチガチな陣取りゲームなのでプレイする人を選ぶと思いますが、面白いことは面白いです。
所有権のある同じ色のタイルが隣接できないルールを活用し、いかに人の邪魔をできるかがミソだと思います。




pic1717367_md.jpg
最後に、前回インストミスでトンデモナイ都市を作りまくってしまった「プロスペリティ」をプレイ。

タイル配置系のクニツィア博士のゲーム。

ルールもシンプルで考えどころもしっかりあり良いゲームだなと感じました。
そして何よりプレイ時間が短い。
インスト20分、プレイ時間45分くらいでした。
時間調整に重宝しそうです。


DSCF0052.jpg
↑汚れまくった都市を作ったプレイヤーのボード。
汚染都市でしたが、研究しまくってお金も稼いでました。

「繁栄」で得点しないと勝てませんね。
汚染はダメだという良い例です。


今回は、所用がありここで撤収。
お付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。

Category: 北陸本線沿線ゲーム会

Theme: ゲームプレイ日記・雑記

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

部屋のボードゲーム在庫事情  その後

 【12//2013】


ようやく棚が到着しました。
アイリ〇オーヤ〇の5段ウッドラックで8000円くらい。

さっそく組み立ててボードゲームを収納。


DSCF0034.jpg
高く積みあがりました。
所々にシュリンクに包まれたままのモノがあるのが気になりますが、綺麗に収納できました。



でも






3分の1も入らなかった・・・
もう一つ購入する方向で検討中です。

以上、どうでもいい話にお付き合いいただきありがとうございます。

Category: 未分類

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

部屋のボードゲーム在庫事情

 【10//2013】


一年半前、寝る為の小さい部屋を借りたんだけども、移り住む前から決めていたのが「ボードゲームを持ち込まない」だったんです。

家賃が安いので狭いし、置いておく余裕はありません。

なので、「プエルトリコ」と「ブルゴーニュ」だけ持ち込んだんだけど・・・・・



今はこの通りです。
DSCF0033.jpg
これでも部屋にある数の3分の1くらい。
かなりの数を実家に持って行っても溜まる溜まる。


観念して棚を買ったので、近日中に整理します。


やっぱり絶対にやらないゲームは売った方がイイのかなぁ・・・

Category: 未分類

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

アトランティスの終焉

 【10//2013】

pic1790101_md.jpg
アトランティスの終焉 (2013年 BGG評価 7.60 3-5人 70分くらい)

「ネットランナー」等を出しているパブリッシャ‐からの新作。
デザイナーは「スラヴィカ」を作っているMarcin Welnicki。

ゲームのメカニクスは、競りとマジョリティ。

滅びゆくアトランティスの中で派閥争いに打ち勝ち影響力を得て、自分の避難民を新天地送り込むことが目的です。
一ラウンドはいくつかのフェイズに分かれていて
・上院フェイズ(影響力の決定)
・派閥フェイズ(派閥の決定)
・投票フェイズ(アトランティス議会への影響力の決定)
・破滅フェイズ(船の出港)

このラウンドをある条件を満たすまで行い、勝利点を一番獲得しているプレイヤーが勝利します。

pic1795335_md.jpg
↑ゲームボードは円形。別に円形じゃないといけない理由はなさそうだけど、雰囲気作り。

pic1790874_md.png
↑カード類。とてもいい感じ。


前日のゲーム会でプレイされていましたが、軒並み高評価でした。
肝心の私がプレイできませんでしたが・・・

近々にプレイ希望。

Category: 積上げゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

北陸ボードゲームサークルに参加しました

 【08//2013】

今日は石川県加賀市で行われた「北陸ボードゲームサークル」に参加してきました。
初参加の方を含め、十数人の参加があったようです。

DSCF0009.jpg
DSCF0027.jpg
↑私が持って行ったゲームの一部。重いゲームが多いな・・・


今日はじめてこられたお二人がいたので手始めに「はげたかの餌食」を遊びました。
pic1051259_md.jpg
はげたかの餌食 (1988年 BGG評価 6.46 2-5人 20分)

2004年に亡くなってしまわれたアレックス・ランドルフの作品。
簡単なバッティングゲーム。
DSCF0010.jpg
↑18点でトップでした



DSCF0011.jpg
続いて、ルールを微妙に知らないという事でカルカソンヌをプレイ。

皆さんルールを十分に把握してくれてお互いに邪魔しまくり。
ギスギスした展開で非常に好みでした。
結果は惨敗でしたが。




メンバーを変えて「ロシア鉄道」をプレイ。
最近のマイブームです。


DSCF0017.jpg
私以外は全員が初プレイ。
シンプルなワーカープレスメントなので、ルールはすんなり把握してもらえました。

DSCF0018.jpg
↑序盤のマイボード。やっぱりシベリア鉄道に手を出してしまいます


DSCF0019.jpg
↑隣は工業マーカーのレベルアップ特化。中盤を前に工業マーカーが2個になっています。


DSCF0020.jpg
↑中盤。黒労働者を手に入れ奮闘中。


DSCF0021.jpg
↑最終マイボード。白の線路が伸ばし切れず得点が伸びず。

勝者は、私でもなく工業レベルを上げまくったプレイヤーでもなく、キエフ鉄道を強化したプレイヤーでした。3回やってますが勝てる気がしません。

私はこのゲームに向いていない。でも好き。
それでいいです。




pic1724058_md.jpg
炭鉱讃歌 (2013年 BGG評価 7.33 2-4人 70分)

クラマー&キースリングのコンビ。
去年は「カッラーラ」を作ってます。

ゲームシステムはワーカープレスメントとピック&デリバリー。
4人プレイだと15個のワーカーを使います。
すでにワーカーが置かれているところを再度使うには、直前に置かれていたコマ数より多いコマを置かなくてはなりません。
自分の炭鉱を拡張し注文に応え、得点を稼ぎます。

ルールは非常にシンプルで、プレイ時間は60分ほどです。
ただ、ロシア鉄道をプレイしたあとだったので、シンプル過ぎて物足りなさを感じました。
悪くはないんですが、得点差が付きにくいというか・・・

ダウンタイムが伸びるかもしれませんが、クリアした注文カードを公開した方がイイかなと感じました。
あくまでも好みです。

DSCF0022.jpg
↑こんな感じのゲームです。開始直後を撮ってしまったので殺風景ですが。




pic1215133_md.jpg
グリモリア (2010年 BGG評価 6.59  2-5人 30分)

日本で発売されていた「グリモワール」をちょっとルールを変えてリメイクした作品。
デザイナーは木皿義隼一氏。

このゲーム、コンポーネントが素晴らしいです。

DSCF0025.jpg
↑マイ「魔法使いの書」にしおりを挟んで一斉に公開。

結局バッティングゲームなので別に本の形をしてなくてもいいんですが、このコンポーネントによって雰囲気は格段によくなります。
惜しくも負けてしまいましたが、ずっと前から積ゲーになっていたのでようやくプレイできてよかったです。

何度も言いますが、コンポーネント最高!!!



pic1717367_md.jpg
プロスペリティ (2013年 BGG評価 6.68 2-4人 60分)

クニツィア好きとしては期待していた「プロスペリティ」をようやくプレイ。
基本的にはタイルめくりゲーム。
地球の環境に気を配りながら、「電力」「環境」「研究」「資産」「繁栄」を強化していきます。

DSCF0028.jpg
↑ゲームスタート!

ただ、今回は致命的なルールミスがあり、ノーゲーム&評価保留でした。
ご一緒していただいた皆様、本当に申し訳ありませんでした。


DSCF0030.jpg
ルールミスにより汚れきった都市。どうにもなりません。


近々再プレイしてみたいところです。



他のテーブルでも沢山のゲームが遊ばれていました。

DSCF0023.jpg
コンコルディア。評判はよさそうでした。


DSCF0031.jpg
炭鉱讃歌、もう一回。一時間で終わる軽いゲームなので高評価。


DSCF0015.jpg
ダンジョンオブマンダム。最近発売された新盤。世間的にも言われてますが、私も500円ゲームの方が好みです


DSCF0012.jpg
チーキーモンキー。子供たちは大好きです。


DSCF0016.jpg
犯人は踊る、だったかな。「ラブレター」系のゲームで、軽くて面白いです。

他にも沢山回っていましたが、把握しきれませんでした。

ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました。

Category: ゲーム会

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

12月4日(水)タージマハルゲーム会

 【05//2013】

インド料理店「タージマハル」オーナーのご厚意により、お部屋をお借りして夜間ゲーム会を開催しました。
店舗がお休みなので19時開始!


有志が4人集まり、まずはこれを。

pic1772489_md.jpg
ロシア鉄道  (2013年 BGG評価 8.13)

4人中2人が初プレイ。
インスト込みで3時間ほどかかりました。
001.jpg
ゲーム開始!!

002.jpg
開始直後のマイボード。スタートプレイヤーだったので職人さんを雇いました。
これが失敗の始まり。

003.jpg
2ラウンド目か3ラウンド目。「?タイル」で獲得した「9列車」をサンクト線においてしまいました。
これがこのゲームの最大の間違い。悪手すぎです。

004.jpg
4ラウンド目くらい。順調に「×2タイル」を獲得しているが他がすべてダメ。
他のプレイヤーは順調な様子。

005.jpg
黄色プレイヤーのyskさんが順調すぎて、赤プレイヤーの私は1周差をつけれらそう。(駒の下のタイルは100点タイル)
yskさんは序盤で技術レベルを上げまくり、キエフ鉄道も順調。

006.jpg
終了間際のマイボード。
サンクト線が全く生かし切れていないことが一目瞭然。
キエフ線と技術レベルが死んでいます。
ダメだこりゃ・・・


序盤からボロボロでした。
今回で2回目のプレイですが、経験を全く生かせませんでした。
次にプレイする時はもっと賢く立ち回りたいと思います。



007.jpg
ロシア鉄道が終わり、一人が帰宅したので3人でラーをプレイ。

3人プレイは10年振りくらい。
3人だと持ちタイルが4枚になるのを今更ながら思い出しました。

手持ちが4枚な上に、時代の終了が早いので展開がスピーディー。
緊張感があり非常によかったです。


改めてラーの素晴らしさを感じました。


時間が23時を回り、今日はお開き。
定期的に開催していきたいなと、皆で企んでいます。
今日ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました。

Category: ゲーム会

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

一人でもできるボードゲーム

 【02//2013】

ここ最近、忘年会シーズンという事もありなかなかボードゲームができません。
なので、一人でもできるボードゲームをご紹介。



pic1821652_md.jpg
シェフィ  (2013年 BGG評価 7.67 15分)

日本製の一人専用ゲーム。
パブリッシャーは「冒険企画局」、デザイナーはポーンさん。

22枚のイベントカードを使い、1匹の羊を1000匹にします。
イベントカードは5枚ずつ並べられ1枚ずつ使い、全部使いきればシャッフル。
3回カードを使い切るまでに1000匹にできないと負けです。(もしくは羊が全部いなくなっても負け)

pic1821654_md.jpg
↑イベントカードの一部。ちょっとだけデッキ構築的な要素もあります。

pic1821653_md.jpg
↑羊カードと、あったらうれしい「牧羊犬」のイベントカード。

先日、プレイさせていただいたんですが2回目でクリアできた。
上級ルールがあり、1000匹になってもやめずに何匹までいけるかに挑戦します。
いつか時間があるときに調整したいものです。



pic1351632_md.jpg
ロビンソン漂流記 (2011年 BGG評価 7.39 25分)

緑と「F」をこよなく愛するフリードマン・フリーゼの作品。
所有はしていますがやったことありません。
ルールもかなり前に読んだだけなので内容もうろ覚えです。
デッキ構築していって無人島で生き延びる的な感じだったと思います。

人数調節にと思って何度かゲーム会に持ち込んでるんですが、ちょっとルールが多いので一人でやろうというツワモノはまだ現れていません。
pic1223421_md.jpg
↑コンポーネントはこんな感じ。



pic259085_md.jpg
アグリコラ (2007年 BGG評価 8.21 1-5人 120分)

pic447994_md.jpg
ル・アーブル  (2008年 BGG評価 8.04 1-5人 150分)

両方ともウヴェ・ローゼンベルグの作品。
チットゴチャゴチャゲームの代表格。
一人用のソリティアもあるんですが、両方ともやったことがないです。
ゲーム会に行って一人でル・アーブルとかアグリコラやってる人を見たことないですね、そういえば。
まあ、そんな人がいたら私は近づかないと思いますけど。

ひょっとしたらすごい面白いかもしれないので、いつかやってみようかな・・・・
積みあがった積ゲーを全部プレイしたら考えます。



pic586432_md.jpg
ペロポネソス (2009年 BGG評価 7.26 1-5人 45分)

大好きな競りゲームです。
なんといっても1時間くらいで必ず終わるのが最も評価できるところ。

ソロプレイはルールを把握するためにあるようです。
勝利点を稼ぎ、規定得点に行けばレベル付けされます。
これもやったことないです。



pic1497682_md.jpg
アーキペラゴ ソロエキスパンション (2012年 BGG評価 7.60 60分)

「アーキペラゴ」というゲームのソロ拡張。
オリジナルの評価は7.41なので、この拡張の方が評価が高いことになります。
とはいってもこれもやったことないんですけどね
「アーキペラゴ」は一度だけやりましたが、暴動が起こって全員負けという結果でした。
3時間以上かかったんだけども・・・ははは

pic1731737_md.jpg
↑こんな感じです。ミープルが沢山。


探せばまだまだありそうなんですけど、今日はこれまで。

Category: おすすめ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る