2014 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2014 06

二人用のゲームを考える(その1)

 【30//2014】

あんまり考えたことが無かったので、二人用のゲームについて考えてみようかと。

正直ほとんどプレイはしないんですが所有しているものを数えてみました。
・ジャイプル
・ファミリア
・大聖堂の建築
・銅鍋屋
・アグリコラ 牧場の動物たち
・カタンの開拓者たちカードゲーム(旧版のほう)
・ターギ
・バベル
・ハイブ
・ルアーブル内陸港

数えてみたら10個以上あった・・・



jaipul.jpg
ジャイプル (2009年 ギーク評価 7.50)

箱が長くて、若干収納に困りますが、非常に面白いゲーム。
金銀財宝を集めて売りさばき、チップを獲得していきます。

テンポが良く、サクッと終わるので何度でもやりたくなるゲーム。
ルールも非常に簡単。
あまり二人用ゲームをやらない私でも楽しめる良いゲームです。

pic1157550_md.jpg
↑コンポーネントはこんな感じ



pic796978_md.jpg
ファミリア (2010年 ギーク評価 6.67)

フリードマン・フリーゼの二人用カードゲーム
マフィアのボスとなり構成員を増やしていきます。

pic905112_md.jpg
↑カードは一枚一枚図柄が違います。

色ごとに特殊効果があり、色々な戦略が取れます。
二人用のゲームではありますが考えどころが多く、「ゲームをしたな」としっかり感じることができるのも好印象。
発売直後に何度か遊んだだけなので細かいルールは忘れましたが非常に面白かったことは覚えています。




pic128371_md.jpg
銅鍋屋 (2001年 ギーク評価 6.97)

記憶ゲーム。
最近になって、4人まで遊べるようにリメイクされました。
魔法使いとなり、自分の鍋に色々な材料を入れていきます。

pic206704_md.jpg
↑白か黒のコマを担当し、そのコマが止まった列から材料を取れます

鍋に入れてしまった材料は、ゲーム終了まで見ることができません。
最後の得点計算で全部のカードをオープンして枚数を数え、レシピ通りに集めているとボーナス点を獲得します。

ルールはシンプルで分かりやすいんですが、二人用のゲームにありがちな「盛り上がりに欠ける」所があります。
絵柄はかわいくていいんですけどね・・・

pic86829_md.jpg
↑目玉やらきのこやらよくわからない卵やら、色々な具材があります




pic1388188_md.jpg
アグリコラ 牧場の動物たち  (2012年 ギーク評価 7.62)

アグリコラの二人用ゲーム。
畑を耕すとか家族を増やす等の要素は無く、いかに動物を増やすかを考えるゲーム。

pic1282181_md.jpg
↑こんな感じ。

ルールはちょっと複雑ですが、本家アグリコラに比べれば全然楽。
感覚的には将棋とかチェスに近い感じで、運要素はありません。

一時期繰り返し遊んでいて「初手はこれに限る!!」とか「中盤のその手はないな」とか色々と協議していたのを思い出します。
本家アグリコラと比べてしまうと結構違うので違和感を感じますが、慣れてしまえば動物が増えていく様子を見て楽しめる非常に良いゲームだと思います。


今日はここまで。
続きはまた今度!!

(つづく)

スポンサーサイト

Category: 語る

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

プエルトリコ新版との比較

 【28//2014】


プエルトリコの新版を海外からようやく購入したので、初版・デラックス版の2つと比べてみました。

pic158548_md.jpg
プエルトリコ  (2002年 ギーク評価8.18)

発売から12年経っても色あせないゲーム。
海外のボードゲームサイト「Geek」でも、6万個以上あるゲームの中で4位という素晴らしい評価を得ています。

デザイナーは、アンドレアス・ザルファイト。
他には「サンファン」、「マンハッタン」なども作ってます。

pic990544_md.jpg
↑箱の裏。
見慣れたコマやタイルたち。



pic1729814_md.jpg
↑2011年に発売された豪華版。
オークションなどでは数万円で取引されているようです。


pic1124878_md.jpg
↑金属製のお金。
豪華版というだけあって、お金がとても豪華な造りになってます。
ただ、綺麗すぎて取り上げにくいのがたまにキズ。

pic1167309_md.jpg
↑豪華になった農作物たち。



そしていよいよ・・・・・


pic1867079_md.jpg
↑これが新盤!!

箱絵が少し変わって、マッチョが前面に出てきてます。
aleaのナンバリングは「16」に変更されたようですね。

ルールなどは変更されておらず、拡張は入ってます。
コマは旧版のままで、タイル等は豪華版のものに変更されています。

ざっくりいうと、今回の新版は
旧版と豪華版の合いの子
と言ってしまって間違いないと思います。


・・・・これだけ引っ張って、こんな最後ですいません。

Category: おすすめ

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

今月購入したゲームを並べてみた

 【27//2014】

前回更新してからかなり経ってしまったが、水面下で沢山のゲームを購入していました。


DSCF0471.jpg
↑全部のゲームが分かるでしょうか?

同じゲームがいくつも見えるあなた!  疲れ目ですね。ええ


実はもう少し購入しているんですが、別のところに保管してるので写真には写ってません。
今月はストレスのせいか購入数が若干多めでした。
来月こそは買うのを控えよう!!!

でも広い部屋に引っ越したし・・・

Category: 未分類

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ボードゲームクイズ (顔編)

 【13//2014】


懲りずにマニアックなクイズを作りました。
お時間に余裕のある方はどうぞ!!


今回は箱絵の「顔」がメインです。
切り取って拡大すると意外とわからないものです。



(問1)
pic261878.jpg
これはあるゲームの箱絵の一部です。なんというゲームでしょうか?


(問2)
pic180538.jpg
これはあるゲームの箱絵の一部です。なんというゲームでしょうか?


(問3)
pic725500.jpg
これはあるゲームの箱絵の一部です。なんというゲームでしょうか?


(問4)
pic967931.jpg
これはあるゲームの箱絵の一部です。なんというゲームでしょうか?


(問5)
pic1116080.jpg
これはあるゲームの箱絵の一部です。なんというゲームでしょうか?



以上。
今日は5問。


答えは「コメント」をクリック!!!

Category: ボードゲームクイズ

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ボードゲームクイズ(スタートプレイヤーマーカー編)

 【12//2014】

今回はスタートプレイヤーマーカーからゲームを当てていただきます。
最初の3つは簡単だけど、後半の2つは難しいかも。


(問1)
DSCF0455.jpg
これは何というゲームのスタートプレイヤーマーカーでしょうか?


(問2)
pic435532_md.jpg
これは何のゲームのスタートプレイヤーマーカーでしょうか?


(問3)
pic1982271_lg.jpg
これはなんというゲームのスタートプレイヤーマーカーでしょうか?


(問4)
DSCF0448.jpg
これは、何というゲームのスタートプレイヤーマーカーでしょうか?


(問5)
DSCF0451.jpg
これは、何というゲームのスタートプレイヤーマーカーでしょうか?

以上5問。
最後のはちょっと難しすぎるかも・・・

答えは「コメント」をクリック!



過去問はこちらから

ボードゲームクイズ①
ボードゲームクイズ ②
ボードゲームクイズ ③
ボードゲームクイズ④
ボードゲームクイズ ⑤
ボードゲームクイズ⑥
ボードゲームクイズ⑦
ボードゲームクイズ ⑧

Category: ボードゲームクイズ

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

人狼系の映画 (遊星からの物体X)

 【10//2014】


以前、「人狼ゲーム」という低予算映画を見てその紹介をさせていただいたが、他にも思い出したので一応書いておこうかと・・・


因みに「人狼ゲーム」を書いたときのはこちら
映画「人狼ゲーム」を観た

5168FNS6P9L__SL500_AA300_.jpg
遊星からの物体X (1982年 監督:ジョン・カーペンター)


ジョン・カーペンターは「ゼイリブ」「ハロウィン」「クリスティーン」等の名作を数多く作っている有名なホラー映画監督です。
この映画も結構有名な部類に入ると思います。


ストーリー的には、「隔絶された南極基地の近くで数万年前の氷の中から【何か】が発掘され、それを解凍すると人間を襲いだし・・・」という今となってはありふれたストーリー。
でも1982年当時は相当画期的な内容で、私が初めて見たときの衝撃は今でも忘れません。


この映画のどこに人狼的要素があるかというと・・・
クリーチャーが人間になりすますのですよ
襲われた人間は取り込まれて消化され、そのクリーチャーは次の獲物になるであろう他の人間に近寄っていきます。

途中、非常に強引な判別方法なども行っており、人狼ゲームでもイベント的にやってもいいのかな・・・とか思ったり思わなかったり。


グロい映画がダメな人にはおすすめできませんが、「人狼系の映画」としてみていただくとより楽しめるかも・・・・
ちょっと怪しいけど。


この下にネタバレしそうな画像を入れるので、グロいのがダメな人とこれから観る予定の人は見ないでね











































20101008_621685.jpg
↑心臓マッサージをしようとして力を入れると、両手がパクリと食べられるの図。

cosa4.jpg
↑頭から足が生えて、カニみたいになるの図。

010_convert_20120423222547.jpg
↑人間だけじゃなく、犬にも容赦ないの図

Category: おすすめ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

人狼ゲーム会に参加してきた

 【09//2014】


富山市内のカラオケ店で行われた「人狼ゲーム会」に参加してきました。
今回で2回目。

前回は13人くらいの参加だったと思うんですが、今回は20人近くの参加があったようです。
皆さんと仲良く(?)吊るしたり食べたりできました。

結局12時頃から参加して8時頃までやってたので、8時間ぶっ続けでしたね。ええ。

でも楽しく遊べたので良しとしましょう。



ただ、写真を一枚も撮らなかったのは心残りですが・・・


次に参加した時は許可を得て撮影したいと思います。

Category: ゲーム会

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

京都のカフェ「ミープル」のイベントに参加してきた(その2)

 【09//2014】

前回の続き

夜が徐々に深まってきましたが、お店の中は賑やかなまま。
楽しい雰囲気です。


DSCF0464.jpg
↑時計を見てもらうと分かるんですが、10時前です。


みんな元気ですねぇ・・・




DSCF0463.jpg
ズーロレット (2007年 M・シャハト)

「コロレット」のシステムを取り入れた動物園ゲーム。
今回は「XXL拡張」入りで。

XXL拡張は、一杯になった柵の中の動物を海外に送り出すことができるようになる拡張です。

pic383719_md.jpg
↑海外に送り出すと得点がもらえます。

空いた柵にはまた新しい動物を入れられます。


4人でプレイ。
折角の拡張だからと積極的に海外に送り出しそのボーナスだけで17点稼ぎましたが、マイナス点を防ぎきれず惨敗。
拡張を入れるのは今回が初めてですが、新しい選択肢ができて良かったと思います。




この後、色々なゲームをしましたが疲れてしまってほとんど覚えていないし、写真も撮ってません。

最後はフラフラになってしまいましたが、一日中ゲームを楽しめて非常に満足でした。



ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました。

Category: ゲーム会

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

カフェ「ミープル」のイベントに参加

 【08//2014】

京都市内のカフェ「ミープル」で行われたイベントに参加してきました。

DSCF0457.jpg
↑13時開始でしたが、開始早々沢山の人でにぎわっていました



到着して早々、7人で「VivaJava」を開始するという事で参加させていただきました。

pic1304646_lg.jpg
Viva Java (2012年 3-8人 BGG評価 7.18)

Dice Hate Me Games という聞いたことが無いパブリッシャーから発売されています。
コーヒーのブレンドを即席のチームで作り上げる準協力系のゲーム。
コーヒー豆のコンポーネントがかわいらしい感じです。

8人までできるゲームなのでパーティ系のゲームかと思っていましたが、結構ガチな部分もあり2時間近くかかってしまいました。
ゲームのシステム的に7人以上でプレイした方がよさそうな感じです。

コンポーネントが好きな感じなので機会があれば購入しようかと考えています。
DSCF0456.jpg
↑手前のツブツブがコーヒー豆。いろんな色があります。




DSCF0458.jpg

つづいて何かと話題の「イスタンブール」をプレイ。
少し前に5人でプレイしましたが、今回は4人プレイ。

R・ドーン作。

このゲームも「ドーン歩き」がメインです。
品物やお金を稼ぎ、宝石を5個獲得したプレイヤーが勝利します。

独特の移動方法になれるまではちょっと時間がかかりますが、慣れてしまえばそんなに難しいところはないと思います。
5人と4人で遊びましたが、5人はダウンタイムが長すぎる気がするので4人プレイがお勧めです。
3人ではプレイしていませんが、スカスカすぎる気がします。
やってみないと分かりませんが・・・

ルールがちょっと多くてとっつきにくい感じがありますが、評判は軒並み良いです。




DSCF0460.jpg
魔法のラビリンス

2009年発売の記憶ゲーム。
大人4人が集まって、魔法のステッキを持って楽しんでいました。

老いが始まっているのか、同じところばかり通過して失敗ばかり。
記憶ゲームは勝てる気がしません。



pic192462_md.jpg
スチーブンソン・ロケット 


1999年のクニツィア博士のゲーム。
名前は知っていましたが今回が初プレイ。

全員が初プレイだったのですが、ルールが意外と複雑で中々把握しきれません。
鉄道系株ゲームなのですが、線路を引く際に株主全員の了承を取ってから線路を引かなくてはなりません。
また集計が何通りかあり、複雑さを増幅させています。

初回のプレイではルールを把握するので精一杯で気づいたら終わっている感じでした。

なので連続2回プレイを開始。
2回目は、「別ゲームか!!!」と思えるくらい全員が1回目とは違う手を打ってきます。
ルールは複雑ですが、把握してしまえば60分くらいで終わるクニツィアらしい良いゲームでした。

DSCF0462.jpg
↑2回目のゲーム風景。


(つづく)

Category: ゲーム会

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

引越しを終えて

 【07//2014】


1か月以上ぶりの更新になります。


引越しがようやく落ち着き、荷物は少しずつ片付いてきていますがネット環境がなかなか整いません。
まあでもそんなことばかりも言ってられないので、明日からはちょくちょく更新していこうかなと思ってます。



これからも、何卒よろしくお願いいたします。


20872556.gif

Category: 未分類

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る