2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

9月1日 北陸本線沿線ゲーム会

 【03//2013】

9月1日(日)に北陸本線沿線ボードゲーム会に参加してきました。
今回の参加は4人。
回ったゲームは
・ジャイアンツ(積み下ろし)
・アクワイア
・龍王の鉱山
・ギアーズナイツ
の4ゲーム。



pic391754_t.jpg
・ジャイアンツ (2008年 ギーク評価7.07 180分)

家主のyskさんと私が長年積み上げ熟成していたこのゲームをようやくプレイ。
内容は、イースター島を舞台にモアイ像を運び勝利点を稼ぐゲーム。
肝心のモアイ駒の作りが甘く、上の画像のように帽子は入らないし、まともに立たない駒があるくらい。
ゲーム的には、ルールは多いがやるべきことが意外とスッキリ見え、色々な戦略も取れて好印象。
遠くまでモアイ像を運ぶグループと近場に手っ取り早く運んで他で点数を稼ぐグループに分かれ、どちらが勝つのかという展開になったが、モアイ1体で30点以上稼ぐ「遠くまで運ぶ派」の優勢となり僅差で勝利!

とにかく駒のつくりの悪さがゲームの進行を邪魔していました。
それさえなければもっと印象は良かったかも。
あと、公称60分になってますが、とてもじゃないけどそんな短時間では終わりません。確実に。



pic1313815_t.jpg
・竜王の鉱山 (2012年 ギーク評価 6.40 45分)

yskさんの積ゲー。
Game Saluteというあまり聞いたことのないパブリッシャーから発売され、なぜか中国語バージョンも発売されています。(Game Saluteはエイリアンフロンティアが有名です)

箱絵からは想像できないパズルゲームです。
しかも結構考えないといけない部類に入ると思います。
最初は普通にゲームを始めましたが、1順さえしない段階で「これはタイマーがないと無理・・・」と全員の意見が一致し、急きょタイマーを導入。一手番1分でゲーム再開。
手持ちのヘックスタイルを色を合わせておいていくのですが、これがうまくいかない。
周りを囲んだ状態で真ん中にうまく配置すると9点獲得できますが、ほぼそれを取れば勝利確定のレベル。
見た目の地味さに騙されると面食らうと思います。


pic342163_mt.jpg
・アクワイア (1962年 ギーク評価 7.41 90分)

すでに50年以上たっているんですね。
色あせない面白さには脱帽です。



pic1466308_t.jpg
・ギアーズナイツ (2012年 ギーク評価 6.50 60分)

日本の「高天原」さんのゲーム。
キャラクターを雇いモンスターを倒し勝利点を稼ぐゲーム。
私以外は全員が初ゲーム。

自分の各パラメーターを4方向から見るのはとても良いアイデアだと感心させられます。
またアートワークも非常にきれいです。
ルールも簡単で気軽にできるゲームだと思います。


いつも通り夕方には解散。
今回もありがとうございました。
スポンサーサイト

Category: 北陸本線沿線ゲーム会

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks