2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

北陸本線沿線ゲーム会

 【27//2014】

今日は北陸本線沿線ゲーム会に参加させていただきました。
クローズ会なので、今日の参加は4人です。



pic1801656_md.jpg
アルコン (2013年 BGG評価 7.35 2-4人 90分)

「ブリーフケース」「ドラムロール」のArtipia Gamesから発売。
pic1114123.jpg

どちらかというとゴチャゴチャ系のゲームが得意なパブリッシャ‐です。

DSCF0243.jpg
↑ゲームボード。スッキリシンプルなデザインが特徴的です。


ゲームのシステムはワーカープレスメント。
ただし、ワーカーを置くにはカードが必要で、そのカードを強化していく必要があります。
強化することで、人が置いているところに置けるようになったり、自分より後にワーカーを置いた人からお金をを頂戴したり、一度に2手番できるようになったりします。
全部で9ラウンドあり、3ラウンドごとに集計があります。
細かくルールを言うときりがないのであとは割愛。

pic1683383_md.jpg
↑カードの一部。同じ色のカードでもデザインが違っていて、かなり気合が入ってます。


●●●● 感想 ●●●●
今日は、4人でプレイしたんですが4時間ほどかかりました(インスト込み)
途中でルールの検討があったりして時間がかかったのもありますが、9ラウンドは長いです
ゲーム自体は大変面白いので、もう少しスッキリできなかったのかと。

あと、視認性が非常に悪い!!!
ボードの鮮やかさを生かしたかったのか、各プレイヤーのコマはモノクロだし資源は見分けにく!!
見間違いによる事故が何回か発生しました。

pic1833716_md.jpg
↑人型のコマがワーカー。四角いのが資源。ベージュと白が非常に見分けにくい



pic1777742_md.jpg
ブレーマーハーフェン (2013年 BGG評価 6.65 1-4人 90分)

昨日もプレイしたんですが、今日も希望して付き合っていただきました。
私以外は初プレイ。
箱絵などから、ルアーブルの続編みたいなものだと勘違いしてる方もいました。


昨日プレイしたばかりなのでインストはすんなりとでき、プレイ時間も1時間くらいでした。
「あともうちょっとできたら・・・・」と思って終わるくらいがちょうどいいですね。

ゲームが終わって感想を聞くと、
「意外とシンプルなルールだった」
「裏返して自分のカードを置くことがゲームを軽くしていていい感じだった」
「イベントカードはいらないんじゃ・・・」
「冗長にならず、あっさり終わる感じなのでいいと思う」
など色々な感想をいただけました。

希望があれば、またやってみたいものです。



DSCF0245.jpg
メディチ (1995年 BGG評価 7.13 3-6人 60分)

最後は「外さないゲーム」という事でメディチをプレイ。フランス語版。
クニツィアの3大競りゲームの一つ。(他は「ラー」「モダンアート」)
ベストは5人か6人だと聞きますが、4人でも十分に楽しめます。

競りゲーム特有の「滅茶苦茶な値付けをするとゲームが壊れる」という危険性はこのゲームにも健在。
慎重な値付けが必要です(当たり前ですが)

今回は無茶な値付けもなくヒリヒリしたゲーム展開を楽しめました。


以上、今日は3ゲーム。
ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト

Category: 北陸本線沿線ゲーム会

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks