2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

富山県西部ゲーム会に参加(2月23日)

 【24//2014】

今日は、小杉町ラ・ポールで行われた「県西部ゲーム会」に参加してきました。
子供3人を含む14人ほどの参加があったようです。


朝イチは子供比率が高めだったので子供とゲームをプレイ。




pic441568_md.jpg


DSCF0305.jpg
↑オープニング「スティッキー」

パスタの束みたいになった棒を引き抜いていくゲーム。
ダイスを振って出た目の色の棒を引き抜きます。(棒の太さが微妙に違う)

大人二人、子供二人でプレイ。
大した盛り上がりもなく、アッサリと崩れてしまい終了。
まぁ、こんなもんですね。



pic422822_md.jpg
フィット (2009年 BGG評価 6.67 1-4人 45分)

クニツィア博士の作品。
簡単に言えば、多人数テトリスのパズルゲーム。

pic422820_md.jpg
↑箱の裏。


DSCF0308.jpg
↑子供たちとやるとほぼ確実に盛り上がります。
ゲームが終わった後も、勝手にルールを作って遊んでます。



pic1774020_md.jpg
五本のキュウリ (2013年 2-5人 20分)

フリーゼの作品。
昔からある伝統ゲームのフリーゼ風リメイクだそうです。
大人たちの評判は軒並み良かったように思います。

DSCF0314.jpg
↑「五本のキュウリ」も子供たちと遊びました。
ルールは理解してもらえましたが、楽しむまではいけませんでした。
途中終了。



DSCF0315.jpg
↑キャプテンリノ。
これも子供とやるとハズレ無しです。

DSCF0316.jpg
↑大人たちが大人げなくプレイする風景。



pic1726167.jpg
ロムルスとレムス? (2013年 BGG評価7.99 1-4人 150分)

今日のメイン。
ツイッターで知り合った「くろ。」さんより和訳をいただき初プレイ。
3人プレイ。
インスト1時間。プレイ時間4時間。
負け抜け有りのマルチゲーム。

「恐らく北陸初プレイなんじゃないか」と皆で言ってましたが実際のところはどうなんでしょうか?


インストに1時間もかかってしまった事からも分かるように、非常にルールが多いので細かいルールは割愛。
自分のコマを一つずつ動かし、それぞれのコマが「資源の生産」「建築」「市場で買い物」「戦闘」などを行い、自国を発展させていきます。



DSCF0317.jpg
↑スタート直後の盤面。裏になっているタイルは未開発の土地。
塔が立っているタイルがそれぞれの首都。

DSCF0319.jpg
↑少しずつ発展していきます。

DSCF0320.jpg
↑さらに発展。

DSCF0321.jpg
↑黄色の土地のすぐそばに畑が空いてたので奪ってみました。

DSCF0322.jpg
↑当然のように警戒され壁を作られまくり。
城壁は越えられるんですが、ペナルティが発生します。

DSCF0323.jpg
↑青の国は他国の脅威が無いので比較的平和です。

DSCF0324.jpg
↑私の国は、他国にちょっかい出してる駒が多いのでスカスカ。

DSCF0326.jpg
↑かなり発展してきました。

DSCF0327.jpg
↑最前線では緊張状態が続きます。

DSCF0328.jpg
↑ついでなので青の国にもちょっかいを出してみました。

DSCF0329.jpg
↑最終ラウンド。
私の国は出稼ぎ労働者が多く、相変わらずスカスカ。

DSCF0330.jpg
↑最後の最後に戦闘が発生。
黄色が大挙して攻めてきます。
黄色:10ポイント 対 赤:6ポイント で完敗の様相。
撤退を余儀なくされます。


最終的には、VPの勝負になりました。
黄色:51 青:39 赤:39
で完敗。
3時間以上にわたる戦いが終了しました。


●●● 感想 ●●●
全員が初プレイという事で、ルールを常に見ながらプレイ。
しかしながら、プレイ感は軽かったように思います。
配置した駒全部に対してアクションを行わないといけないので、ダウンタイムが長くなるかなと思いましたがそんなこともなく、慣れればかなりサクサクできると思われます。
ただ一手番での成長性が乏しく、劇的な成長は望めません。(資源を獲得するだけのフェイズが続くときがある)
かなり牛歩な展開が続きます。

戦闘はほとんど起こらないかも知れません。
敵が近付いてくると、壁を作ったり軍備を強化したりするので劇的な戦力の差は起こりにくくなっています。
このゲームに慣れている人ならば、長期的に計画して都市を攻撃することは可能かもしれませんが・・・・

ウォーゲームをやった事が無いので分かりませんが、ゆっくり成長していく所はウォーゲームに近いのでしょうか・・
最近のゲームに良くあるような、「成長が目に見えて分かりやすい」のになれていると、かなりゆっくり成長していくさまは物足りなく感じてしまうかもしれません。

あと、ルールが非常に多いので整理して説明する必要があると思います(当たり前ですが)。
今回、インスト時に「首都の影響力」と「ゲーム終了時の首都の支配力」に関して違いを明確に説明できず、最後の点数計算時にようやく理解してもらえた場面がありました。
ゲームの根幹になる部分だと思うので、ここを自分でも明確に理解できていなかったのは反省点です。

今回のプレイは「4時間以上かけて行ったインスト」のようになってしまいました。
お付き合いいただいた2人には本当に申し訳ないことをしました。・・・

コンポーネントが良く、タイルをめくっていくゲームも好きなので、もう一度プレイしてみて評価を決めたいと思っています。





このゲームをやる人はそんなにいないと思いますが、自分の忘備録としてインスト時の注意点をまとめてみます。

・手番プレイヤーが、
「自分のすべてのコマに対してアクションをさせる」
         ↓
「他プレイヤーと立っているコマが同じマスにいれば戦闘」
         ↓
「維持フェイズ」

を行ってから次のプレイヤーに手番が移る

・維持フェイズの食料供給時、ユニットは同じヘクスにある「農場」、もしくは隣接した「公共の農場」から食料供給を得られる(公共の農場とは誰もユニットを置いていないヘクスにある農場)

・食料供給時、ユニットがいるヘクスに農場があったとしても、他プレイヤーのコマがあった場合食料供給を得られない。

・食料供給時、探検家と傭兵への食料供給は必要ない

・ユニット制限には、労働者と兵力(兵士と傭兵)のみがあり、探検家はどちらにも数えられない。

・傭兵コマは雇ってすぐにアクティブになる。(立ったままヘクスに置く)

・探検家コマの行動の一番最初に「食料コマ」を支払う事で労働者コマに変換できる(探検家コマはゲームから除外)

・建物は基本的に誰の物でもない

・労働者を兵士に変換した際、労働者コマは手元に戻る

・「首都のヘクスに及ぼす影響」はゲーム終了時の点数計算時にのみ適用される。(建物の所有権とは関係ない)

・公共市場のコインボーナスは、「売る」アクションを行ったヘクスにある「白い建物数」で決まる。(首都の影響力とは関係ない)

・アクアダクトは強い


以上。
次はいつやるか分かりませんが、役立つこともあるでしょう。
スポンサーサイト

Category: ゲーム会

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks