2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

ゴールドシーバーを語る

 【01//2013】

pic194142_t.jpg
1995年からのパブリッシャ-「ゴールドシーバー」。
1995年という年は、カタンが発売された年でもあります。

最近はゲームを発表していませんが、90年代は名作を沢山世に出していました。

ボードゲーム歴が浅い方にはあまり認知度はないかもしれませんが、紹介していきたいと思います。



pic447696_t.jpg
十二星座ゲーム  (1995年 トム・シュープス BGG評価6.62 3-5人 30分)

つい最近、ネットオークションで値段が高沸していた「十二星座ゲーム」を最初に紹介。
ゲームのシステムは、軽い陣取り&隠匿系です。

一番最初にこのゲームをしたときにインストしてくださった方が「このゲームは良いゲームなんだけど、カタンの影に隠れてしまって不運だった」を連呼していたのがとても印象的です。
確かにプレイ感は軽く、それでいて考えどころもある良いゲームです。

pic528052_md.jpg
↑場にある星座の上に、自分の色の星を置いていきます。伏せておくこともでき、全部が埋まったらすべてを公開して、一番点数を持っている人がその星座の点数を獲得します。



pic1421665_t.jpg
一号線で行こう  (1995年 シュテファン・ドーラ BGG評価6.51 2-5人 60分)

デザイナーのシュテファン・ドーラは、「ブクブク」「メディナ」「フォーセール」「ロバの橋」などでも有名です。
このゲームは何度もリメイクされています。

ゲームのシステムは、線路引き&ダイスロール。
大きく前半と後半に分かれていて、前半は線路引き、後半はダイスロールによるレース形式。

pic1657022_md.jpg
↑手札の5枚から2枚選んで配置。

それぞれのプレイヤーが目的地と経由地の隠匿情報を持っており、線路で繋いだプレイヤーから後半のダイスロールプレイに入ります。

pic230990_sq.jpg
↑ちょっと小さいですが、路面電車のコマ。

ダイスロールで自分が引いた線路上を進んでいき、出発点から既定の経由地をとおって目的地まで一番早くいけたプレイヤーが勝利します。


タイル配置ゲームとダイスロールが大好きな方にはうってつけのゲームです。
当たり前ですが。



pic704737_t.jpg
ギャロップ・ロイヤル  (1995年 クラウス・トイバー BGG評価5.76 3-6人 45分)

この年に「カタンの開拓者たち」を発表しているトイバーの作品。
競りのあるレースゲームのようです。

pic120130_md.jpg


見たことも聞いたこともないゲーム。(すいません)



pic198025_t.jpg
バクシーシ  (1995年 クラウス・トイバー他多数 BGG評価5.63 2-4人 60分)

ゴールドシーバーはこの年4つも発表しています。
その内2個はトイバーですが。

このゲームも見たことも聞いたこともありません。

pic1371829_md.jpg
↑箱の裏。パッと見ただけではどんなゲームかはさっぱり分かりません。

pic891939.jpg
↑う〇こみたいな駒が見えるんですが・・・あれは一体何なのでしょうか・・・



以上、とりあえず4ゲーム。
ゴールドシーバーは結構な数を発売しているので、続きは近日更新。
スポンサーサイト

Category: 語る

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks