2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

大門ボードゲーム会に参加してきました(12月15日)

 【17//2013】

大門総合会館で行われた「大門ボードゲーム会」に朝から参加しました。

DSCF0054.jpg
手始めに5人で「王宮のささやき」をプレイ。
リメイクだそうですが、元ゲームも知りませんでした。

初めから時間調整にと始めたので、人が増え途中終了。
途中までの評価ですが、可もなく不可もなくといったところでした。




1012693.jpg
イスデビル (2013年 BGG評価 4.96 3-6人 30分)

6人になったのでリクエストのあったダイスデビルをプレイ。

メビウス便で来たゲームで、完全に積みゲーになってました。

DSCF0056.jpg
担当デビルを決めカップとダイスを受け取り、カップの中にダイスを入れ一斉に振ります。
各々ダイス目を確認して、真ん中にあるタイルに順番に所有権を主張していきます。
バッティングすると、ダイス目勝負が発生。
それぞれのデビルに特殊能力があり、人のタイルを奪ったり、交換したり。
誰かがタイルを10枚取ったら終了フラグが立ち、点数の一番高い人が勝利します。

インストの時点で薄々は感じていましたが、単純に6の目が強いゲームです
駆け引きをしようとしてもダイス目が弱いと何もできません。
「こんなはずはない」とルールを何度も確認しましたが、間違いは見当たりません。
私たちのプレイスタイルが悪かったのか、担当デビルの移動もほとんどなく、そしてとくに盛り上がるわけでもなく誰かがタイルを10枚獲得して終了。

ダイスカップや金のダイスなど、コンポーネントは素晴らしいのですが、どこを楽しめば良いのか分かりませんでした。
なんか残念な感じです。(BGG評価の4.96は納得)




DSCF0057.jpg
次は、参加者の一人から希望があったメディチをプレイ・・・・と言いたいところですが、インストの途中で一人増え、結局中止に。
久しぶりにやりたかったのですが、また次の機会という事で。
因みに上の写真は、視認性が悪くて評判のフランス語版です。
私は雰囲気があって好きです。



DSCF0058.jpg
サンクトペテルブルグ  (2004年 BGG評価 7.35 2-4人 45分

このゲーム会に初めて来られた方がいたので、できるだけ無難なゲームをしようという事で「サンクトペテルブルグ」をプレイ。
典型的な拡大再生産系のゲームなので、見た目に自分の前が派手になっていくので単純に楽しいかと。

ゲーム内容は結構なゲーマーズゲームなんですが、楽しんでいただけたようです。


今回、拡張を入れたんですがカード枚数が増えるという事はゲーム自体が長くなるという事で、全体が冗長な感じになっていました。
確かに18貴族は強いんですが、オリジナルのままでも十分によいゲームだと思います。



pic1789227_md.jpg
ポルターファス  (2013年 BGG評価6.32 3-6人 30分

こちらもメビウス便。
子供の参加者が来たので、みんなでワイワイできるだろうとこのゲームを取り出しました。
正直、ちょっと前にやった「ダイスデビル」がかなりイマイチだったので全然期待していなかったのですが、
今日のベストヒットゲームでした。

手番プレイヤーが特殊な樽をダイスカップに全部入れ全部振り、公開します。
立っている樽だけを取り出し、他のプレイヤーの注文タイム。
一人一人が裏にして注文数を決めます。(0~13まで)
全員の注文数の合計が店主が用意した以上になると、用意した樽の合計値が店主の点数になってしまうので、あまり多くの注文もできません。

注文が終わると、店主のチャレンジタイム開始。
倒れている樽を振りなおすことができます。
ただし振りなおした樽が一つも立っていないと失敗となり店主は一点も貰えません。(他のプレイヤーは注文した数が得点)

店主が樽の振り直しをやめると配給タイム。
店主が用意した以上に注文があった場合、お客プレイヤーで一番注文していたプレイヤーがその分マイナス。他のお客プレイヤーは0点です。
そして店主は余った樽分の得点をもらいます。

これを繰り返し一番最初に75点をとったプレイヤーが勝利します。


DSCF0060.jpg


いや~よくできたゲームです。
12歳の少年を交え、ワイワイ楽しめました。
若干計算が必要ですが、そんなことが気にならないくらいハラハラドキドキが楽しめます。

12歳の少年がブッチギリで勝利。




DSCF0063.jpg
前日に一度プレイしているんですが、どうしてももう一度やりたくて「コンコルディア」を4人でプレイ。

2人が初プレイ。
2度目なのでインストも楽チンです。

DSCF0064.jpg
序盤の様子。私は『煉瓦』と『食料』を伸ばす方針で。
『煉瓦』と『食料』の専門家カードを早々に獲得します。

DSCF0065.jpg
↑黄色プレイヤーに好きなようにやられてます。
私は駒を配置しつつ、カードをできるだけ獲得していきます。

DSCF0066.jpg
↑最終的な盤面。

他のプレイヤーがまだまだやりたいことがありそうだったので、超ハイスピードでカードを獲得しまくり速攻で終了フラグをたてます。

結果的には、
「盤面に配置している駒の数」
「コマを配置している属州の数」
をメインに大量得点し、勝利しました。


このゲーム、本当に面白いです。

去年のエッセン新作は豊作と言われていましたが、今年も十分豊作です
「ロシア鉄道」「コンコルディア」「炭鉱讃歌」「ロココ」等々、結構なタイトルが沢山。
本当に幸せ者です。



DSCF0069.jpg
この後、「アトランティスの終焉」を5人でやって、この日はお開き。


ご一緒させていただいた皆様、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

Category: ゲーム会

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks